一番人気ビスチェ(オフホワイト)【ブライダルインナーのbridal-bloom】


 オンラインショップ|ウェディング用インナー(ビスチェ)

 

 
 



 
ブライダルインナーのbridalbloom TOP > FAQトップ > ブライダルインナーの基礎知識
FAQ ブライダルインナーのFAQ


     
  ブライダルインナーは必要ですか?  
     
  「バストが小さいのでブライダルインナーはいらないでしょうか?」
「エンパイアドレスでウエストは締め無くて良いです。ドレス用の下着は必要でしょうか?」
花嫁様から上記のようなご質問を頂きます。
答えは、『ウェディングドレスを美しく着こなす為にはブライダルインナーは必要です!』

一般的なビスチェとbridalbloomのボディラインの違い
凹凸感が少なくバスト位置・ウエスト位置が低めの私達が、ボディを補正する事無く、ウェディングドレスを着こなすのは大変難しいです。多くのドレスが欧米人に合うようなデザイニングをされているので、お気に入りの一着を最大限に美しく着用するには、メリハリがあり、バランスが取れた身体に整える必要があります。

ブライダルブルーム(bridal bloom)のインナーはウエストは細く、バストは豊かに、また、バストもウエストもより高い位置でキープし、本来自分自身がもっているものを最大限引き出すよう考えられて製品化しています。美しいプロポーションはバスト・ウエスト・ヒップのサイズバランスと、その形と位置が決め手となります。bridal bloomのインナーを着用する事により、メリハリあるボディラインが実現でき、見違えるように美しくウェディングドレスを着こなせます。
 
     
 

ブライダルインナーイメージ
花嫁様の悩みを解消する『特許取得の3Dフィットワイヤーとは?』解説へ

 
 
 
     
  ブライダルインナーって、ちょっと苦しくないですか?  
     
  ウェディングドレス美人を目指して、ブライダルブルーム(bridal bloom)のインナーはあなたにベストのシルエットを表現します。bridal bloomの持つ上質な素材と日本で企画・製造された確かな品質により、今までにないしなやかな着用感が得られます。  
     
  日本製ブライダルインナー  
 
 
     
  ビスチェって何ですか?  
     
  ウエスト丈のストラップがないタイプで肩を出すなどのシーンを目的としたデザインバリエーションのひとつです。ウエディングドレスは「胸で着る」といわれ、バストは重要なポイントとなります。
胸を高い位置でキープできるビスチェはボリュームある高いバストラインを保てるブライダルインナーの代表的なものです。現在ではブライダル以外にもパーティーやタウンウェアとしても着用されています。
 
     
  一般的なビスチェとbridalbloomのボディラインの違い  
 
 
     
  ブライダルインナーはいつ購入したらいいの?  
     
  個人によって様々ですが、先にブライダルインナーをご購入してからドレスの検討に入る方が最近増えています。もちろん、一般的な流れとしてドレスのタイプが決まってからそれに必要なインナーのご検討を始めるのでもOK。どちらも正解です。
例えば先にインナーをご購入する場合、体型に関してある程度知ることができ、以後のウェディングドレス選びの参考になるといったこともございます。購入時期にかかわらず、自分に合うスタイル、サイズをお選び下さい。
 
 
 
     
  ボディサイズの計り方を教えて下さい。  
     
  ブライダルブルーム(bridal bloom)のブライダルインナーは美しいラインのウェディングドレスをより一層引き立てます。そのためサイズはいつも以上に気をつけたいもの。計り方の基本はブラジャーサイズとヒップサイズの組み合わせで選びます。  
  ○ビスチェの場合、リラックスした状態でアンダーバストを計ります。トップバストはブラジャー着用時をイメージして少し前傾姿勢でバストの一番高い部分を測って下さい。そして、トップバストからアンダーバストを引いた数字がカップサイズとなります。  
  ○フレアパンツやガードルで必要なのはウエストサイズとヒップサイズです。ウエストサイズはリラックスした状態で計ります。ヒップは一番高い部分を床と平行に計ります。当サイトのサイズシュミレーションにてサイズ目安をご確認いただけます。なお、弊社の使用サイズはアメリカサイズとは異なる日本製のJIS規格となりますので安心です。  
  →サイズチェックページへ  
  サイズチェック  
 
 
     
  ロングガードルとフレアパンツはどちらがいいの?  
     
  ウェディングドレスお着替え時のエチケットとして、ビスチェに合わせボトムも必要なアイテムです。

ロングガードルは下半身を補正し、ビスチェの上から重ねて着用することでウエストラインも美しく整え、骨盤をしっかりと支えるので姿勢補正の効果もあります。
マーメイドラインはもちろん、Aラインやプリンセスラインのウェデイングドレスを着る花嫁様にも人気のアイテムです。
フレアパンツは軽やかな足さばきを演出し、ロングガードル同様吸湿速乾性にも優れているので、長いセレモニーを快適に過ごすことができます。
 
  ロングガードルとフレアパンツ  
 
 
     
  着け方は難しいのですか?  
     
  ビスチェ、ガードルなどの着け方をワンポイントでご紹介します。なお、オンライン各アイテムのページに着用方法のイラストがございますのでご参照下さい。  
  ○ビスチェ: フックが長いので、後ろを前に持ってきて、フックを止めます。ウエスト部分から半分に折って回し着用します。(このとき、少し持ち上げると回し易いです)次にバージスライン(バストのつけ根)にワイヤーを合わせて、乳房をカップの形の中にきちんと入れて頂くだけでキレイに着用できます。  
  ○ガードル: ウエスト部分を外側に折り返して、着用して頂くとスムースに着用できます。  
  ※着用方法のご案内をブライダルインナーに添えてお送り致します。  
  ブライダルインナーガードルの装着方法  
 
 
     
  使用後は自分で洗えますか?  
     
  正しい洗濯方法、より長く愛用するための秘訣となります。ポイントは、からだから出た汗や皮脂などを早く落して、汚れをそのままにしないということ。
洗濯の際には商品特有の繊細な素材と形を崩さないよう、基本的には手洗いをおすすめします。基本的に手洗いして頂き、タオルでやさしく水分を吸い取って頂くと、挙式後も長くお召しいただけます。
 
     
 
 
     
  挙式以外で使用できますか?  
     
  きちんとラインを出したい服やドレスを着るときはもちろん、シーンを選ばずいつでも着用いただけます。  
     
  挙式以外の使用イメージ